ひげが執念深い奥さんの懸念

近年では「牡化妻」といった単語がよく使われる事も数多く婦人の夫化が進んでいる状態ですが、一際夫を象徴する部分とも言える「ひげ」が濃いのがジレンマという妻が増えています。体毛に関するアンケートでは約半分近くの妻が「ヒゲが気になる」と回答しているほどですし、何より20代から40料金にヒゲに関するジレンマを持つ妻が多いと言われています。

体毛に関するアンケートの結果、ムダ毛加工を行う体の部位の中で「顔付きの産毛」を脱毛して要る妻は数多く、顔付きの産毛を処理する妻の台数は約70%にものぼります。また、婦人雇用パーソンは約半数が、顔付きの産毛の中でも一際目立ちやすい鼻の下の産毛の加工を行っているという追及結果も出ていますから、はたらく妻ほどしつこいひげが気になり処理していらっしゃるという事が分かります。

妻のヒゲのジレンマは産毛程度のヒゲのジレンマから、夫と同様に執念深いヒゲに悩む妻など個人差はありますが、いずれにしても夫の中には顔付きを近づけたら妻の顔付きの産毛が気になる人類が意外と多いですから、妻のヒゲを見てドン引きする夫も多いかもしれません。

婦人なのにメーキャップを通しても口まわりの青さが解消できないほど夫並にひげがしつこいと、コーデにつき毎日のヒゲの加工に追及できる事も多いと思いますが、自己処理だと剃刀減算や毛抜きによる肌荒れも起こりやすかったりするなど、加工手を間違えれば手詰まりが随分断ち切れずジレンマの大波から抜け出せない可能性もあります。そのため、近年は自己処理ダメージの苦しみが少ない顔付き抜毛が貰える店先やヒゲ妻専用の剃刀などの品物による人類が増えています。コチラ